採血説明書の部屋

 

医療の質・安全学会パートナーシッププログラム委員会では、医療の質・安全学会の2013年度テーマ別ワーキンググループの一つとして、「わかりやすく情報共有に有効な説明文書」を患者・市民・医療者とともに作成する活動を行うこととして、「採血」に関する説明書モデルづくりに取り組みました。東大病院の採血説明書をモデルの原案として、約50名の市民・患者からの感想や意見をいただき、臨床検査技師・看護師等の助言や意見を加えて、2013年11月に「採血説明書(案)」を作成しました。また、2014年1月にはホームページからこの「採血説明書(案)」について、医療の質・安全学会の会員等に呼びかけて、医療現場の皆さんからのご意見を収集しました。
自院で使いたい、参考にしたい等の声もいただき、医療の質・安全学会パートナーシッププログラムのホームページからダウンロードいただけるようにしました。
利用にあたっての注意書」をご理解をいたたいた上でご活用ください。

「パートナーシップ案」の採血説明書
      訂正可能なファイルのダウンロード(ファイル名:saiketusetumei.docx)
○ 利用にあたっての注意書き
○参考 患者・市民の意見
    医療者の意見

○上記説明書をご利用された方は、アンケートにご協力お願いいたします。
 アンケート入力はこちらをクリックしてください。